FC2ブログ

富岡商工会議所にてソロ演奏

4月9日(火)、群馬県富岡市の富岡商工会議所にて、東京の
大学生(建築科)対象に、ここの建築に携わった建築家の先生の
講演会が開かれました。
講演の前に、ここでピアノを弾くと、どんな響きがするかを聴いて
もらいたいとのことで依頼を受け、こんなプログラムで弾いて
きました。


シサスク: 銀河巡礼より「こと座」
ドビュッシー: アラベスク 1番
ショパン: バラード 1番
アンドレ・ギャニオン: めぐり逢い

(トーク付き)


リハーサルでは、不思議なほど遠くに放たれる感じの響きで
シサスクがものすごく合うなと思いましたが、お客さんが入ると
ドビュッシーもショパンも弾きやすくなり(YAMAHA G5 の
タッチが軽くなりました)素晴らしい空間でした。

ここは昨年オープンし、こけら落としの演奏をさせていただいた
場所でもあります。その時のブログ→こちら

IMG_2757.jpeg


IMG_2751.jpeg

近隣の富岡製糸場(世界遺産)の、蚕の飼育箱をイメージした本棚


IMG_2806.jpeg

外観です



斎藤輝彦コントラバスコンサート

20190302チラシ表1

20190302チラシ裏


3月の雛祭りのころというと、斎藤さんのリサイタルが開催されることが
多かったように思います。
今年は東京ではなく、高崎で開催します。

会場のアトリエミストラルは、私がとても気に入っている場所で、かつて
プレイエルピアノを検索していて目に留まりました。高崎に移住してすぐに
訪ね、その後、数回にわたり、ソロでの演奏会を開かせていただいています。

キャパ80ほどのサロンで、まるでヨーロッパの教会のように豊かな残響が
あります。そして何と言っても素晴らしいのがピアノ。1905年製のプレイエル
ピアノ(85鍵)で、現代のピアノにはない柔らかな音色、絶妙に調和する響きが
特色です。

コントラバスとの共演では、バランス的にピアノの音量や音質にかなり気を配る
必要がありますが、ここの会場では、ストレスを溜めることもなく、自然体で
演奏することができます。(ピアノの蓋、全開でOK!)

今回は本格的な作品(フォーレ、ボッテジーニ)のほかに、有名なオペラ・アリア
を弾いたり、ピアノ独奏がオリジナルの作品(ラフマニノフ、スクリャビン 、
チャイコフスキー)からの編曲や「オーバー・ザ・レインボー」などの親しみやすい
プログラムを準備しています。

そのほかにも、クラシックではない曲を弾くかも〜!


ご来場いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


過去の演奏からひとつ、アップします。この会場は三鷹芸術文化センターです。
曲は「赤とんぼ」(横山潤子 編曲)







鬼石コンサート




11月1日、群馬県藤岡市鬼石(おにし)にて、ヴァイオリンの秋葉美果さんと
演奏しました。
毎年、この季節に開催され、鬼石小学校、中学校の生徒さん、そして町の
皆さんに聞いていただくコンサートで、今年で5回めとなります。

プログラムに「※お楽しみ」とありますが、今年は初めて、子供たちに
ヴァイオリンを体験してもらいました。好きな弦を鳴らしてもらい、
秋葉さんがそれに合わせて「きらきら星」などを一緒にデュエット。私も
即興で伴奏し、盛り上がりました。


IMG_1751.jpeg

この写真はリハーサル風景。
響きの良い会場です。

パガニーニのヴァイオリン協奏曲からスタートという、大胆なプログラム。
さすが秋葉さんです!
チャイコフスキーやクライスラーも素敵な演奏で、伴奏を楽しみました。

アンコールはなんと! 安室奈美恵の「ヒーロー」
弾き語りの譜面を元に、私たちの編曲で。
私は途中、ピアノの底を叩いたり!


ピアノソロは、私としては珍しくシューベルトを弾きました。
学生時代、ハンガリーのトゥーシャ先生にご指導を受けた曲。
あなたに合っているから、いつかコンサートで弾きなさいと言われて
いて、気になりつつもそのままに。
大好きな曲ですが、好きだけでなにげなく弾いてはいけないと思う名曲。
これまで人前に出せませんでした。何度、弾いてみようと思っては引っ込めたか
わかりません。それがなぜか今回、こう弾くべきではないかとピーンと思うこと
があり、貴重な経験となりました。


コンサートのあとは、これも毎年恒例のみかん狩り、食べ放題!


IMG_1761.jpeg


群馬県は、みかん生産の最北地、りんご生産の最南地なのだそうです。
今年はみかんが素晴らしく豊作。
演奏のあとのジューシーなみかん、身体に沁みました!




ヴァイオリン&ピアノ発表会




高崎の私の生徒たちが出演させていただく年に一度の発表会がもうすぐです。

この発表会はもともと、いつも共演させていただいているヴァイオリンの
秋葉美果さんの門下発表会として開催されていて、私は初め、秋葉さんの
生徒さんの伴奏者としてお手伝いさせていただいてました。

私が高崎に来てからは、こうして合同発表会をさせていただいてます。
私の生徒も少しずつ増えて、はじめ4歳だったお嬢ちゃんも、今年は1年生。

今回は、4歳から大人の方まで、総勢19名の出演者による発表会で、私は
6人のヴァイオリンの伴奏もします。

発表会を楽しみに、生き生きと頑張っている子供達から元気をもらって
います。



夏の思い出〜ぐんま天文台

猛暑、台風、豪雨、地震と、日本のみならず世界の、地球の、将来に
ついて本気で心配しなければならないと感じた夏が終わりました。

総裁選では経済最優先と叫んでいるけれど、そうでしょうか。

人間が犯してしまった過ちは、自然の摂理に従う暮らしを忘れてしまった
ことではないでしょうか。

便利な暮らし(それが当たり前と感じていることが問題)への反省とともに
どうあるべきか考えなければと思うこの頃です。


この夏初めて、ぐんま天文台に行きました。
8月17日、急に気温が下がった日で、天文台の地点は20度を切っていました。

星々は変わらず、雄大にそこにありました。

でもこの星たちにも寿命がある・・
地球という星が、宇宙の中であとどれほどの命があるのかわかりませんが
人間がその寿命を縮めているという危惧の念が湧きあがりました。

星たちの輝きは、声なき声のメッセージを発していると思えました。

八ヶ岳の星空を見て、星のデジカメ撮影が一時期、趣味のようになったのですが
久しぶりに撮影を楽しみました。


IMG_1233 2

北斗七星




IMG_1242 2

さそり座







公民館で演奏します!




フルートの白水さんと高崎市中居町の公民館で演奏します。
入場無料、どなたでもお聴きいただけます。
ご来場お待ちしております。


【プログラム】

~先ずは本格的なフルートの名曲から~
モーツァルト作曲 ロンド ニ長調 KV Anh.184
ドップラー作曲 ハンガリー田園幻想曲

~ピッコロという名のフルート~
ゴセック作曲 ガヴォット

~アルトフルートの哀愁~
五木の子守歌

休憩

~美しいフルートの調べ~
ビゼー作曲 『アルルの女』より、メヌエット
フォーレ作曲 シチリアーノ
メンデルスゾーン=シュトックメスト作曲 歌の翼幻想曲

~懐かしいメロディー~
赤いサラファン
七つの子
赤トンボ

~日本の芸術~
宮城道夫作曲 春の海



富岡商工会議所オープニングコンサート

image2.jpeg


先日、ヴァイオリンの秋葉美果さんと演奏しました。
場所は、世界遺産になった富岡製糸場の近くにある
富岡商工会議所です。

製糸場のトラス構造を採用し、設計から完成まで
3年を要したという素晴らしい建物です。
響きも豊かで、楽しく共演できました。
プログラムは、

_____

「未来へつむぐ調べ」

エルガー :愛の挨拶
クライスラー :ベートーヴェンの主題によるロンディーノ
ドビュッシー :月の光
サティ:ジュ トュ ヴ
貴志康一 :漁夫の唄
ブラームス :ハンガリー舞曲 第5番

アンコール
中田喜直:夏の思い出
_____

「月の光」はソロではなく、ヴァイオリンとの編曲で。
私のトークで、40分くらいのコンサートでした。


IMG_1039.jpg

リハーサル中の写真
(この日は、ピアノの音出ししかできませんでした。撮影:秋葉美果さん)



image1.jpeg

トラス構造の天井


鬼石コンサート

群馬県藤岡市の鬼石多目的ホールにて、ヴァイオリンの秋葉美果さん
と演奏します。子供たちのためのコンサートです。
鬼石は「おにし」と読みます。

過去のコンサートの様子→こちら



11月10日(金)14:00開演 

【プログラム】

モーツァルト:メヌエット

シューベルト:アヴェ・マリア

NHK大河ドラマ「真田丸」メインテーマ

ショパン:英雄ポロネーズ(ピアノ独奏)

ドヴォルザーク:ソナチネ 第1、3、4楽章





フルートとピアノによる「秋の調べ」

世の中が激しく動いていますね。
立憲民主党が立ち上がり、ようやく未来に希望の光が見えました。

10月に入り、めっきり秋らしくなってきました。
今月は投票日より前に本番が3つも目白押しで
選挙運動に負けず(笑)、猛烈がんばっているこのごろです。

今日はそのうちの一つのコンサートをご案内します。


2017.10.15フルートとピアノによる秋の調べ


プロフィールの一部に訂正があります。
エストロニア→エストニア です、もちろん(。>ω<。)ノ


【プログラム】

サンカン:ソナチネ
ドビュッシー:シリンクス(フルート独奏)

「フルートのやさしい小品集」(林リリ子編)より
赤いサラファン
ロングロンゴアゴー
七つの子
赤とんぼ
サンタルチア
山の別れ

モーツァルト:オーボエ四重奏曲 K.370 より 第1楽章 ※

ピアノ独奏〜
スメラ:1981年の小品
P.マッカートニー:ゴールデン・スランバー

ドップラー:ハンガリー田園幻想曲
中田喜直:夏の思い出


※オーボエの代わりにピッコロで演奏します。





モーツァルトの変奏曲

キンモクセイの香がここかしこに漂う頃となりました。
食欲の秋とも言いますが、運動の秋でもあるのか、友人たちが
健康のためにジムやヨガを始めたと聞いて、自分も何かしないと
といろいろ考えましたが、ウォーキングを再開する(一体全体、
何ヶ月ぶり?!!)ことにしました。
「ウォーキングはなかなか続かない」と言う人が多く、私もそれに
同感でしたが、歩くのにお金はかからないし、なんとか意志を強く
と思い直し、この3日間、4000歩〜5000歩、歩きました。
今は気持ちのよい季節なので楽ですが、果たして木枯らしが吹いたら
続けられるのか・・・全く自信ありません(汗)

さて、もう今週の水曜日のことですが、高崎演奏家協会のオータム
コンサートに出演します。

IMG_5962.jpg


19時開演、コアホール、入場無料で、どなたでもお聴きいただけます。
私はトップバッターで、モーツァルトの変奏曲を演奏します。10数分の
演奏です。
この変奏曲は、楽譜に強弱の指示が一切なく、唯一Adagio の第11変奏は
リピート記号を使わず、同じ事を二度やらない、極めて精妙な変奏
になっています。
モーツァルトの手紙の中に何度も登場し、彼自身良く弾いていた曲(1774年)
です。

食欲の秋、運動の秋、いえいえ芸術の秋です♪♫♬

お気軽にお立ち寄りの上、お聞きいただければ幸いです。




カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

吉岡裕子

Author:吉岡裕子

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ポプリの本棚
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
みどころ