FC2ブログ

神の粒子〜ヒッグス粒子

17番目の素粒子、「ヒッグス粒子」が発見された!!!

高校時代、物理は大の苦手だった私は、陽子と中性子までくらいしか
記憶になく、素粒子についてはまったくわかっていなかったのですが、
つい最近、理論物理学者で、素粒子や宇宙の暗黒物質などの解明に
取り組んでいる村山斉氏の最新書「宇宙はなぜこんなにうまくできて
いるか」という本(中学生にもわかる本)を読んで、素粒子の世界を
少しだけ認識したところでした。

本を読んでいなければ、今夜7時のNHKのトップニュース「ヒッグス
粒子発見」について、食い入るように見ることもなかったと思うし、
物理学者たちの喜びがどれほどのものかが伝わって来て、うれしく
なりました。

物理学者あるいは天文学者は、新しい発見があると、それを元にまた
次の仮説を打ち立てて宇宙の謎に挑んできたわけですが、いまの現代
宇宙論なるもの(物理学者が担当)はとても難しく、ついていけない
と思っていました。

でも、村山氏の本はわかりやすく、歴代の物理学者たちというのは、
発見を成し遂げる前の仮説の立て方や予言に、大昔の哲学者のような
発想を思い起こさせる点がある(そもそも科学や天文学は哲学から発展
してきたからかもしれないですが)と感じ、面白いな〜と思いました。

物理学者は、私とはまったく違う頭の構造でしょうけれど、実験による
証明や計算による裏付けをとる前の彼らの発想力というか、空想力という
のか・・には、数字に強い学者という感じがしない部分もあって、物理
学者を見る目が少し変わりました。

今回、ジュネーブにあるものすごく大きなハドロン衝突型加速器(全周が
山手線と同じくらいの巨大な円形加速器)の中で陽子と陽子をビュンビュン
回して正面衝突させる実験(137億年前の宇宙誕生=ビッグバンの直後と
同じような状態にする実験)の結果、見つかった「ヒッグス粒子」は、
神の粒子といわれてきた最後の素粒子。
そのヒッグス粒子には「質量がない」そうですが、あれこれ空想している
と不思議な気持ちになります。
宇宙をつくり出したもの、その正体は・・やっぱり神様? ?!

ニュースでは、“これからは、このヒッグス粒子を理解する” という段階
になると言っていましたが、楽しみです。


明日から八ヶ岳。

シサスクも久しぶりに弾きますが、宇宙観が変わっていくようです。
音楽によって、目に見えないものを表現できるだろうか・・





私が気に入っている「137億年の宇宙の進化を表した図」
NASA/WMAP Science Team
(宇宙は膨張を加速しているが、その理由はまだ謎。)


カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
プロフィール

吉岡裕子

Author:吉岡裕子

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ポプリの本棚
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
みどころ