FC2ブログ

銀河巡礼〜南半球の星空

シサスクの《銀河巡礼 第2集〜南半球の星空》には、暗譜が不可能と
思われる曲があります。
不可能などあるものか!と簡単には諦めない私でも(笑)厳しいと感じます。

2005年の初演で半分弾いたときは、「みなみじゅうじ座」と「ほ座」の2曲は
記号化した楽譜を見て弾きました。
こうすれば譜めくりの必要がなくなります。

IMG_2051.jpg

「みなみじゅうじ座」:パターンをA、Bなど記号化



IMG_2052.jpg

「ほ座」:内部奏法のリズムをリズム譜に直す。
     ほとんど立って弾く内部奏法は譜面台が邪魔になるし
     譜めくりも不可能。



     
一番、暗譜が難しいだろうと思っていた第1曲目の「カメレオン座」。
これまで記号化(分析)できないか何度か試みてみましたが、思うように
いかず、放り投げていました。
ところが昨日ふと、ちゃんとやり直せばできるのでは?と思い直し、
改めて見直してみたら、ひらめきがあり、分析に成功しました。

IMG_2053.jpg

汚いですが、10頁の曲が紙 1枚におさまりました。

同じようにして終曲の「レチクル座」も記号化できそうなので、
譜めくりなしの暗譜に近い状態で弾けるのでは・・という見通しが立って
きました。

昨年12月に《銀河巡礼〜北半球の星空》全曲を映像つきで演奏してから
早1年が経とうとしています。
年内は勉強に時間をかけ、来年は《南半球の星空》全曲にチャレンジしよう
と思っています。




カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
プロフィール

吉岡裕子

Author:吉岡裕子

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ポプリの本棚
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
みどころ