FC2ブログ

シサスク〜南半球の星空 2017(5)

レコーディングは2日間とも、まず、朝9時から調律が始まりました。



調律師の望月治さんは、ここ花かげホールの専属調律師さんです。
望月さんには八ヶ岳高原音楽堂のベーゼンドルファーの調律でも
お世話になり、長いおつきあいです。
更にCD「銀河巡礼〜北半球の星空」のレコーディングの際も
オアシス(スタジオ)さんにて、調律していただいたほか、
二子玉川 KIWAでの「北半球」「南半球」両コンサートでの調律
にも遠く山梨より、駆けつけてくださいました。

今年のお正月が明けたころ、望月さんから「花かげホールのベーゼン
ドルファーがとても良くなっているから、また遊びに来て下さい」と
お電話が。そして2月終わりに本当に遊びに訪ね、弾いてみて、びっくり!
シサスクを録音する場所として、現時点でここ以外にはないと直感しま
した。
今回のレコーディングは、望月さんの一声がなかったら、実現して
いません!

そして、私の重い腰は、もうお一方、オアシス社長でありエンジニア
の金森祥之さんの「録りましょうよ!」の一言が「北半球」の録音直後
から何度も何度もあって、やっともち上がりました(^ ^;)
金森さんは、紅白歌合戦、ニューイヤーオペラなどNHKの音響担当の
ほか、海外でも活躍、全国各地から引っ張りだこの音響デザイナーでも
あります。
今回は、山梨にて3日間も密着してくださり、贅沢な時間を過ごさせて
いただきました。

金森さんは撮影もしてくださり、CDブックレットにもいくつか載ること
と思います。

金森さん撮影より、3枚

IMG_5016.jpeg


IMG_5012.jpeg

内部奏法をやってます。


IMG_5013.jpeg

弦を押さえる位置にシールを貼ってます。
弦を押さえながら鍵盤を弾いています。


レコーディングは2日間で、10時間ほどかかりました。
基本は各曲一発(=通し)録り。前半後半で分けて録り、後でつなげる
という作業は数曲ありました。

「銀河巡礼〜南半球の星空」の他に、「星の組曲」(子供のための
銀河巡礼)全曲の収録も行いました。


IMG_5011.jpeg

レコーディング終了後の記念撮影:
左から、望月さん、私、山口さん(エンジニア)、金森さん


皆さんの温かいサポートのお陰で、なんとか弾き終えることができました。
言葉に言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は、7月にミキシング、マスタリングの作業に私も立ち会わせて
いただき、ジャケット制作を経て、夏の終わりのリリースを目指します。





シサスク〜南半球の星空 2017(4)

レコーディングを無事、終えることができました。




今回、レコーディングした場所は、山梨市花かげホール。
素晴らしいホールでした。


IMG_4959.jpeg

マイクはこのようにステージと客席に・・
ステージは高さを昇降でき、響きが最も良いと感じた、中間の高さに・・


IMG_4960.jpeg

翌日に控えたレコーディングのリハーサルを終えての一枚。


続きはまた明日・・





シサスク〜南半球の星空 2017(3)

「南半球の星空」の演奏には内部奏法が多く含まれます。
楽譜を置く場合は、通常の譜面台は邪魔になってしまうため
プラスチック製の卓上譜面台を使用していました。

でもそれは小さすぎて安定感もなく、色もピンク・・
それを購入したのは3年前・・近頃、何か良いものが出ていない
かしらと調べてみたところ、素晴らしい製品が見つかりました。


IMG_4647.jpg


アクリル製。角度は自由自在、ピアノを傷つけないよう、接触する
部分にはゴムが装着されており、コピー譜などの横に長い譜面を置く
時には付属の棒を挿入し、横長にすることもできます。

この譜面台は、グランドピアノ用に作られていますが、そもそも何故
作られたかというと、響きをより楽しめるようにとのこと。
たくさんの穴が空いていて、たとえ譜面を置いても楽譜の下にも横長の
穴があって、響きを遮りません。


IMG_4655.jpg


ところで、昔の譜面台というのは、装飾的に美しいだけでなく、響きを
遮らないことに配慮した譜面台だったのではないかと思います。
ちょっとしたことなのですが、こちらに来る響きが違うと思うのです。


MH11.jpg


このピアノはエイヴェレ(エストニア)のベヒシュタインですが
ご覧の通りで、こういう譜面台、欲しいな〜自宅のピアノの譜面台
を別のに差し替えられないものかしらん・・と、その頃から思って
いました。

世の中には同じようなことを考える方がいらっしゃったということ
なのでしょうか。

アクリル製といえども、決して安価ではありません(注文後の製造)
でしたが、レコーディングにあたり、ストレスなく安心して譜面を
置いて弾くためにはもちろん、普段の練習でも、あるいは今後の
コンサートでも大活躍するのではないかなと、思い切っての先行投資
としました。





カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
プロフィール

吉岡裕子

Author:吉岡裕子

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ポプリの本棚
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
みどころ