FC2ブログ

桜満開の日

昨日3月23日朝のトップニュースは「桜開花」宣言ではなく、
「桜満開!」。
週末だし、本当ならワクワクして、どこかに繰り出すところですが、
見て見ぬ振りをするように過ごした一日でした。

「左手の音楽祭 “坂の上のコンサート”〜舘野泉と仲間たち」
の本番がとうとうやってきました。

私はピアニスト舘野泉さんの大ファンの一人です。

舘野さんのコンサートには昔からよく足を運び、岸田今日子さん
(朗読)とのコラボレーションや、舘野さんデビュー40周年記念
リサイタルシリーズで、シサスクの「銀河巡礼〜北半球の星空」を
日本初演されたことなど、今でも鮮明に覚えています。知られざる
ピアノ曲が収められた舘野さんのCDの数々は、どれほど私に刺激を
与え続けてきているでしょう。

新しい作品を発掘することはとても楽しいことですが、それを演奏し
たり、記録に残したりという作業は、大変なエネルギーと根気を要し
ます。
シサスクとの出会いをきっかけに、秋場敬浩君とはかれこれ10年の
つきあいとなり、エストニア音楽に取り組む活動をずっと続けていま
すが、正直、これまでに何度もへこたれそうになりました。

そんな中、舘野泉さんは、私にとって勇気を与え続けてくださる人
でした。
知られざる作品というのは、全ての人に受け入れられるわけではない
ことをわかっていても、信念を持ち続け、演奏し続け、何かを繰り返し
伝え続ける・・たとえ左手だけのピアニストになろうとも不屈の精神で。
舘野さんは、こうしたことを身を以て教えてくださる人です。

昨日はリハーサル、本番、楽屋でのひととき、打ち上げまで、舘野さん
と長い時間を過ごさせていただいて、舘野泉さんの、ピアニストとして、
また人間としての偉大さに心底感動しました。

素顔の舘野さんからは、音楽のこと、コンサートのこと、作曲家との
やりとり、苦労話などなど、いくらでも興味深いお話が出てきて、その
お人柄の素晴らしさにも感銘を受けました。



昨日は会場が満席となり、最初の曲(ババジャニャン)を弾く前は
さすがに緊張しましたが、舘野さんがアルメニア人の名前には「○○ヤン」
と「ヤン」が付くというお話をなさって、「私は “タテノヤン”」と
おっしゃって笑いを取ってくださったので、会場の温かい雰囲気に溶け
込んでいくことができました。

シサスクの4手連弾のための組曲「スパイラル・シンフォニー」全曲も
日本初演を果たすことができました。終曲では、最後に舘野さんに内部
奏法を担当していただくようにお願いし、サプライズとしました。




___________________________________


このような日を迎えられたのは、これまでご支援いただき、活動を見守
ってくださった皆さまのお陰と、感謝の気持ちで一杯です。本当にあり
がとうございます。


前半で共演されていた広瀬悠子さん(舘野泉さんの妹さん)が楽屋で
おっしゃっていました。
「満開の桜も良いけれど、桜は散りゆくところや、散った花びらが絨毯
のようになっている景色なども美しいから、最後まで見ないとね。」


2013年3月23日、桜満開の日のできごとを生涯忘れることはないと思い
ます。


桜とともに、みなさまに素晴らしい春が訪れますように・・




Comment

素敵なコンサートでした

昨日は素敵なコンサートでした。

ババジャニャンの「エレジー」以外は初めて聴く作品ばかり、作曲家の名前も初めて聞くのが多いような状況でしたが、全然退屈することなく、新鮮な感動に浸ることが出来ました。改めて見事な選曲だったのだと感じました。

舘野泉さん(タテノヤン?)の味のあるトークも楽しく、最後まで楽しむことが出来ました。

やはり、シサスクの「スパイラル・シンフォニー」は圧巻でしたね。
そもそも、シサスクという未知の作曲家の魅力を教えてくれたのは、吉岡さんの演奏がきっかけですから。

また、素敵な演奏会があればひょこりと聴きに行きますよ。

ありがとうございます

今野 宏さま

このたびはコンサートにお越し下さり、ありがとうございます。
客席数が100と限定されていましたので、ご案内状郵送を控えめにしており、特にブログを見てくださってるかなと思われる方には個別のお知らせをしておりませんでしたが、今野さんには、いつもチェックしてくださって、本当にありがとうございます。

舘野さんのこだわりの企画だけに、選曲、全体の構成はさすがで、多くのお客様にご満足いただけて、私もいつもの演奏会とはまた違った雰囲気を味わわせていただき、貴重な経験となりました。

舘野さんのファンも増えたことでしょう。

連弾では、第一パート、第二パートは普通はあのように時々入れ替えることはないのですが、それぞれの音や表現の個性にあったパートを担当してみようと工夫しました。内部奏法は実際にはもっといろいろあったのですが、今回は控えめになりました。

またいつか、別の場所で再演できればと思っています。

温かいご支援に、心より感謝いたします。
ありがとうございました。



非公開コメント

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

吉岡裕子

Author:吉岡裕子

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ポプリの本棚
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
みどころ