FC2ブログ

北半球の星空、終演




《銀河巡礼》〜完結・すべての星座たちへ 第1回 「北半球の星空」を
終えました。
ご来場くださいました皆様、宣伝の応援をしてくださいました皆様に心より
御礼申し上げます。

音響の金森祥之さん撮影の本番中唯一の写真をアップさせていただきます。
プレアデス星団の曲を弾いている時の演奏です。正面のスクリーンに向かい、
お客様には背を向けて弾きました。白いケープをドレスの上から被った衣装で、
背中にもプロジェクターからの星が投影されるようにしました。有賀哲夫さん
の美しい星の映像に溶け込めていたら良いなぁと思っていましたが、この写真
からはうまくいっていたようです。

音響の金森さんには、サウンドデザインに凄技を奮っていただきました。ピアノ
の響板からの響きを取り、弦の方に向けたハウリングを起こさない特注マイク
では内部奏法の音もクリアに拾い、さらに後方へのPA(拡声)。大事なポイント
からの音がミックスされて、客席へ。違和感を感じさせず自然であり、音の立ち
上がりから消え方、強弱への対応まで細心の注意を払ってくださいました。
いえ、それは注意ではなく、金森さんの鋭い感性による宇宙空間の創造でした。

実際、お客様が聴く音の響きは、客席でしか体験出来ない世界だったとのこと。
演奏する場所にいる私には一生体験できないことだそうです😭

ナレーションのたかぎひろみちさんは、語り、そして登場人物の声を何通りも
変えて、朗読してくださいました。朗読はとても深みのある奥行きのある声のため
か、統一感があり、PA効果も相まって宇宙空間から降ってくるようでした。
SE(効果音)も即興的につけられ、効果音が消えると演奏が始まるという連携も
あり、常に空間というものを意識できる時間になったかと思います。物語自体も
とても面白かったと好評でした。たかぎさんの台本用編集のお陰です。

星の映像、照明(くじら座のみ、照明さんが音楽に即興的に合わせてくださった
明かりでした)は今後の新たな可能性も生み出しました。

ピアノの位置、方向、ステージの位置は今後、変えていきます。

おっと!大事なことをもう一つ。
今回は私の2度のレコーディングに立ち会ってくださった調律の望月治さんも
山梨から駆けつけてくださいました。私の音の好みを知り尽くしてくださって
いらっしゃる望月さんの調律は、安心感を与えてくださいます。

演奏は今回は暗譜で臨みましたが、普通のコンサートとはひと味違う周囲の状況
に集中力を奪われない工夫も必要と考え、改善して行きます。

大きな挑戦が始まり、緊張感も大きいですが、ほぼひと月後の第2回に向けて、
テンションキープのまま、動き出します。


引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。



カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
プロフィール

吉岡裕子

Author:吉岡裕子

カテゴリ
最新記事
最新コメント
ポプリの本棚
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
みどころ